阿曽原温泉小屋

ミスは、頑張りでフォローすりゃ良いんじゃねぇ!

2019-09-08

写真

「コンプライアンス」とか「スタイル」とかに、囚われ過ぎていませんか?

続き。

ホジクルに連れて遺体の体制も変わって行くので、慎重に確保しながらベタベタに濡れて作業する事2時間足らずで遭難者を雪渓の上に引っ張り上げる事が出来ました。

遺体収納袋に収めて梱包して回収のヘリコプターを待つことにしましたが、ガスが湧いて来たので当日は諦めて、雪渓に穴を掘って御遺体を納めてから雪を被せて埋めておくことにしました。

翌朝から下り坂との天気予報なので、ヘリが飛ばなければ阿曽原~宇奈月・剣沢~室堂どちらかへ担ぎ下ろすことになるかもしれません。

取りあえず全員で「池の平小屋」へ向かったのですが、N隊員と「どうせ明日の朝は天気が悪いのならば、夜明けと共に行動をしなくても良いだろう」隣の仙人池ヒュッテのオバちゃんはN隊員の実家の近所なので気兼ねしなくて良いし、なにより遭難者の支援者と一緒に小さな池の平小屋で泊まっては気まずくて旨い酒が飲めない!

と言う事で、二人で40分離れた仙人池ヒュッテで泊めてもらう事にしました。

流石はご近所!歓待を受けて、雨も降り出したので明日はヘリも飛ばないだろうとシコタマ飲んでバタンキュー幸せに布団にもぐったのでした。

ウン・・・?夢の中が何やら眩しくて???ピーカンの快晴です「オイッNよ、起きれま晴れとるじゃ!」思わず大声になります。

N隊員も飛び起きて、朝食そっちのけで慌てて出発して池の平小屋で支援者と合流して現場まで駆け上がります。

神様はさらなる試練を・・・「エーッ」言葉には出しませんが、昨日被せておいた結構な量の雪が融けて安置する為に掘った雪の竪穴の中には水が溜まり遺体収納袋がドップリと浸かっているのでした。

N隊員と意を決して引き上げてみると、「ジャー」と収納袋のファスナーから漏れ出す昨日より濃い色の水が止りません。

いろんな角度に転がしてみて、水を切ろうとするのですが止まる気配はなく。本部からはヘリコプターのフライト時間を伝えて来ていますが、ガスが上空に広がり出して雲行きが怪しく成って来ています。

ジックリ処置をしていては、ヘリに振られる事になりかねません。(どうもN隊員と現場に出ると・・・)

続くが続く。

アーカイブ

最近の記事