阿曽原温泉小屋

優しくありませんから!

2018-08-19

写真

十字峡、剣沢に架かる吊り橋より釜を見下ろす!(水量が多くて釜が泡立っています)

小屋には、いろんな電話が掛かって来ます。

「私に歩けるでしょうか?」

「一ヶ月後の天候は・・・?」

「バスの駐車場は、広いでしょうか?」

等々、耳を疑う質問も時にはあります。

最近、気になる問い合わせが相次いでありましたので。

○剱岳の北方稜線に行きたいのだけれど、仙人谷の雪渓の状態は?

○池の平山から小窓に行きたいけど、行けるだろうか?

バリエーションルートに行こうかという人間が、一般登山道の雪渓を心配したり、地図を見て池の平山から小窓にかけての嶮しさは一目で分かるはず、山小屋に問い合わせる内容ではないと考えます。

簡単に行けないから、一般登山道では無い訳です。少々の困難は覚悟の上で、困難を乗り越えるだけの体力・技術・装備・経験・心構え等を持ち合わせた人間が立ち入るエリアです。

どうしても行きたいならば、ガイドを雇うなり経験者に同行してもらうことを御奨めします。

電話してくる方は、そのエリアが事故の多い事を分かっているはずですし、私自身何度も救助に向かった経験が有ります。(学生時代にも池の平小屋でアルバイトをしていたので尚更に嶮しさは知っているつもりです)

そういった問い合わせがあると「そもそも自信がないから阿曽原に電話して来る?」と、とらえてしまいます。

傲慢に聞こえるかもしれませんが、そんな質問には優しい受け答えは出来ずにツイツイきつい答え方になってしまいます! 危なっかしい人が危険なエリアに行くのに、阿曽原から情報を仕入れたり泊まって行ってもらっては心が悪いのです。

※数年前10月中旬に「阿曽原から仙人池を越えて剱御前まで行きたいのだけど、道はどうでしょうか?」との問い合わせがありました。

「二股の橋は撤去されているし、剣沢は青氷の所も有るかも知れないし、そもそも人が居なくなったエリアへ、どうぞ行ってらっしゃいと山小屋の主人が言える訳がないだろう!!!」

って、叱った事がありました。 後からその問い合わせは、某TV企画の「一筆書き」で歩く本人からの問い合わせと分かりました・・・。 それだけの根性で入ってくるのなら、ウエルカムとなります!

足回りは大丈夫?

2018-08-19

写真

玄関に放置された、ソールが剥がれたシューズ!

先日から、靴置場に置いたままになっていた靴です。

登山用のシューズではなく、アウトドアっぽいブランドのものです。

靴底のソールは綺麗に剥がれてツルツル、とても歩けたものではないので、予備のシューズで帰ったのでしょうか・・・?

このような靴を履いて来られて、壊れるトラブルが時々有ります。

また、ちゃんとした登山靴でも点検せずに履いて来て、ソールが剥がれるトラブルもシーズン中に10件位は必ずあります。(先週も一足補修しました)

シッカリした靴ならば、ソールをビスで固定してから靴とソールを結束バンドで締める応急処置もしてあげれるのですが・・。

登山靴みたいな靴???や、軽登山靴でソールと靴本体の間の芯のウレタンがスカスカに劣化したモノ等は補修のしようが有りませんので、入山前に必ずチェツクしてから来てください。

やっと、作りました!

2018-08-18

写真

今年の玄関先のベンチです。

もっと早くに作りたかったのですが、あまりの暑さと宿泊者の少なさに「まぁ、いいか」と遅れ遅れにしていた玄関のベンチを王子と作りました。

今年は、ずーっと使われずに有った杉の間柱材を使って長く広くしてみました。

軒先の柱の単管を利用して受けを作って、杉材を並べて番線で締めただけの簡単なものですが、登山靴の着脱やコーヒーを沸かす場所等に便利になりました。

あと70日ほど営業したら解体しなければならないので、ついつい手を抜きたくなるのですが作り始めると楽しくて・・・!

ついでに、看板横に吊るしてあった「安全祈願の鐘」も高い所に移しました。(目に入らずに、頭で鐘を突く方が時々居られて・・・「危険な鐘」だったもので!)

大雨被害は有りません!

2018-08-18

写真

県警ヘリ「ツルギ」 頼りにしています!(慌てて携帯で・・・ボケてしまいました)

宇奈月温泉はかなりの降水量が有ったようですが、奥に向うにつれて少ない雨量の様でした。

○雲切新道の仙人谷下部の橋も問題ありませんでした。

○仙人温泉下の仙人谷の雪渓横断ポイントについては、架橋地点の雪が怪しくなって来たため、下流側に迂回してから残雪に作られた階段を使って河原に下りてから、飛び石で対岸に渡って下さい。 

その先は、斜面にルートを切り開いて有るので仙人温泉源泉下の雲切新道に出られます。(仙人池ヒュッテのスタッフが頑張ってくれました。通行される方は、必ず仙人池ヒュッテで情報を仕入れて下さい!)

※夏が終わった?

今朝5時の気温は10℃まで下がって、さすがに長袖を引っ張り出しましたが明日からはまた気温が上がりそうです。繰り返しながら、普通の秋?が近づいてくれれば良いのですが・・・。

お盆が過ぎると登山者が少なくなり、毎年巡回して来る森林管理所のグリーンパトロールのバイト達が下山すると、朝晩が涼しくなって来て「夏が過ぎた~」って感じます。

ちなみに、今年のグリーンパトロールは元気な女子二人ペアでした。入山して28日間、後立山を縦走してから白馬~祖母谷~阿曽原~仙人池~剣御前~池の平~阿曽原を歩いて、毎日登山道のゴミ拾いや立ち入り禁止エリアのロープ張りをしてくれました。

今年は雨が少なくて、身体を休める事も出来ずに大変だったのではないかと・・・、御苦労様でした!

※「ツルギ」

平成7年7月豪雨が治まった際、小屋の厨房の窓の高さで目の前に先々代「ツルギ」が飛来して来て、外部スピーカーで「救助は必要ですか?」と呼びかけてきました。

あの時は、停電でテレビも無線も使えず電話も不通で、黒部川中流域が大災害に見舞われているなど全く知らずにいたので、「何を言っているんだか???」スタッフ一同、シーズン目前で開業準備に追われて忙しいのに!近くでホバーリングするものでダウンウォツシュが強くて「小屋の屋根が飛びそうで危ないから離れて」と手を振って申し出を断って。「ツルギ」が帰ってから胸騒ぎがして(遅っ)、大仏と取りあえず仙人ダムに情報収集に行ってビックリ!(ダムのゲートが全開になって、凄まじい水飛沫でした)

トロッコ列車の線路がズタズタで、停電・電話の復旧の目途も??とのことで、山に取り残された観光客・山小屋従業員等は警察と自衛隊のヘリコプターに救助されて下山したとのことでした。

ここで一言!

人の善意は素直に受けましょう!!

久し振りの強い雨でした。

2018-08-15

写真

阿曽原谷の滝が現れました!(右側の枯沢も水が流れて)

○仙人温泉源泉付近の、仙人谷横断ポイントの雪渓シュルンドが発達して来たのですが、仙人池ヒュッテのスタッフがチェンソーで雪渓をカッティングして歩き易くしてくれる予定です。(仙人池ヒュッテに立ち寄って状況説明を受けて下さい)

○昨夜の夕飯時に、一時ですが久しぶりに強い雨が。トタン屋根に激しく打ち付ける雨音で、小屋の中での会話が出来ず、テレビのボリュームはほぼ最大に・・・。

今日から2日間は天気が悪そうなので、雪渓の状態が変わるはずです。今年は雨が少なくて、雪渓の残り方が歪だったのですが、少しは安定してくれると良いのですが・・・。ヤッパリ黒部は手間のかかるエリアなのです。

※観天望気!

昨日は、日中は良い天気だったのですが、昼ごろから巨大な入道雲が!

・朝食時に窓から見える何時の景色が近く見えたり、

・朝日が昇る方向の雲が光って見えたりしていました。

仙人池から来られた方によれば、

・「朝焼けしてました」との事。

どちらも、天気が崩れる前兆と言われています。

スマホの天気予報ばかり頼りにせずに、自分で見て考え予想する事も登山の醍醐味ではないかと。

(実は朝食時に、お客さんに天気が悪くなる前兆だと説明していた手前、雨が降ってくれてホッとしたのでした)

速報! 「下の廊下情報」

2018-08-13

勘違いして??? 「白竜峡」まで行って来られた登山者の情報です。(写真を見せてもらいましたが、もらいそびれました!)

○白竜峡は、スノーブリッジで塞がれていた。

例年並みの雪の厚さが有ります。今現在は壁にスノーブロックがもたれ掛って通行は出来ない状態です。(写真を見せてもらった印象)

○白竜峡までのルートは、未整備で何度も怖い目に遭ったとのこと。

やはり開通時期は、上手くいって例年通りの九月末くらいとなるのではないかと???

ただし、白竜峡だけでの情報では最終的な判断が付きません!

黒部別山谷の状況も気になる所ですが、本格的な調査は20日過ぎに大仏達が黒部ダム側から観察してからでないと詳しくお伝えできません!

昨年9月11日の登山情報の写真よりも、スノーブロックは厚みの有る写真でしたが、時期が一ヶ月早いから昨年と変わらないかと!(今回の白竜のスノーブロックを見たら、「慌てて見に行ってもな~っ」て思っています)

取りあえずの、速報でした!

アーカイブ

最近の記事