阿曽原温泉小屋

欅平まで除雪しにⅡ

2018-02-07

写真

奥鐘橋、除雪中!

メンバーは、大仏・祖母谷のトシ・等々、雪が多いので多めの7名で頑張って来ました。

寒風の吹き曝しで、道具はスノーダンプ・スコップだけの体力勝負です。  午後も遅くなる、この時間になると雪の表面が締まり出し硬くなって、いい加減にスコップを使うと跳ね返されて腕を痛めてしまいます。

手前、迷彩柄の合羽が大仏(軍曹と呼ばれてました)、奥の左側の黒パンツがトシです。

欅平まで除雪しに!

2018-02-07

写真

除雪前の奥鐘橋

毎年恒例の、奥鐘橋・名剣橋の除雪作業に、2月3日から黒部ダム経由で欅平に行って来ました。(道路管理組合事務局の市役所からの要請ですが、橋は一応積雪2mが設計上の耐荷重らしく冬場に一度は除雪します)

 駅周辺は2m位の積雪でしたが、橋の上は風が抜けるので1.7m位と思っていたより少なめでした。(大雪の年には、橋の上に3m有った事も) 

手摺より高い嵩の雪は、雪庇の様にオーバーハングしていて、河原までの高さも半端無いのでセルフビレイしての作業です。 古い雪の層は、融解・氷結の繰り返しで硬くなっています。

最強寒波!

2018-01-25

写真

屋根雪は吹き飛ばされて。

最強寒波の影響で、日本中大変な事に。

今回の荒天も、積雪よりも風が強くて・・・。 今冬の黒部峡谷の積雪については、降り始めが早かったせいで1月上旬までは積雪量も多かったのですが

○H30年1月22日現在 黒部平の積雪量 280㎝ (同日の比較  H29年 380㎝ ・H28年 200㎝)

○H30年1月4日現在 黒部平の積雪量  350㎝ (同日の比較  H29年 160㎝ ・H28年 140㎝) 

と、下旬に掛けては落ち着いて来ていました。 年末の馬場島でも強く思いましたが、今年は寒さも厳しいのですが全般的に風が強いと感じています。

風の強さ・吹く方向等によって、吹き溜まりの発達する場所の違い・雪庇の発達の仕方が違ってきます。

(強風で巨大な雪庇が出来て、もしも崩落して雪崩が発生すれば谷の残雪量が大きく違ってきます。 2000年に大日岳で発生した、雪庇崩落事故の捜索に継続参加して威力をまざまざと見せつけられました)

写真は、今朝の家のガレージの屋根です。 元々少し風の強い場所なのですが、一度も屋根雪降しはしておりませんので風の強さが想像出来るかと!

除雪量が少なくて助かりますが、山の中の雪の付き方が気になります。

2月上旬に欅平まで、奥鐘橋の除雪に行ってくる予定ですので、再度状況を観察して来て報告いたします。

※参考Ⅰ(室堂平の比較です)

○H30年1月22日現在の積雪量 500㎝ (同日の比較  H29年 640㎝ ・H28年 490㎝)

○H30年1月16日現在の積雪量 510㎝ (同日の比較  H29年 550㎝ ・H28年 510㎝)

○H30年1月4日現在の積雪量  450㎝ (同日の比較  H29年 400㎝ ・H28年 420㎝)

※参考Ⅱ

先日、立山・剣岳周辺と鹿島槍ヶ岳の雪渓が氷河と認定されました。これだけの積雪量と雪崩が有ればこそです。(北アルプスって、実は大変な場所なのです!)  

「立山黒部」世界ブランド化

2018-01-17

写真

岳人2月号

発売中の「岳人」2月号に、昨年から富山県が検討・議論を進めて来た「立山黒部」世界ブランド化についての記事が78~79ページに載っています。

御存じの通り、富山県内の山小屋関係者が「立山黒部」世界ブランド化推進会議宛に「意見書」を堤出して一石を投じて来ているところですが、山に関係する全ての人に考えてもらいたい問題であります。

大雪

2018-01-14

写真

自宅から見える白馬岳

寒波の来襲で、北陸地方は大混乱のニュースが報じられています。

幸いな事に、自宅が有る富山県の東部については、風は強かったですが積雪は拍子抜けするほど少なかったです。 

今年の雪の積もり方は???です。 強風で巨大な雪庇が出来ていないだろうか・アラレが沢山入っているけど大きな雪崩が発生していないだろうか等々心配しています。

今朝は、気持ちのいい快晴です。

富山に、来られ!

2018-01-10

写真

ブリカマの塩焼き!!!(24Kg巨大ブリとのこと)

富山の冬は、お魚が美味しくなります。

先日、埼玉の知り合いが「美味い物を!」とのリクエストで遊びに来たので、山岳部の先輩の息子が経営している飲み屋にトビッキリの食材を頼んでおきました。

写真の他に、ブリシャブ! 紅ズワイのカニ刺し! 焼きカニ! コウバコカニ! カワハギの肝付刺身! ゲンゲの天ぷら!等々、富山の味を堪能してゆきました。

登山シーズンだけでなく、是非とも冬場の富山にもいらしてください。 

アーカイブ

最近の記事