阿曽原温泉小屋

黒部は生きています。(黒部ルート 一般開放に向けた安全対策)

2019-04-18

写真

不帰谷出合の土砂!

黒部で仕事をしていると、つくづく黒部は生きていると思い知らされます。

写真は、鐘釣駅下流の不帰谷出合の堆積土砂です。 左側の谷から、大量の土砂が継続して押し出されて黒部川本流を堰き止めています。(出会いから数十メートルの地点に、10mほどの落差の立派な滝が有ったのですが土砂で埋まってしまいました)

昭和の初頭には、あの辺りに「新鐘釣温泉」と言う宿が有ったのですが不帰谷の土石流で流出してしまったそうです。

土砂がダムの役割となって、上流の河原は河川勾配が緩くなってしまい本流から供給される土砂で、河床が上がり始めて小石と砂で川床が埋まって広くなっています。近い将来、河原の露天風呂が水没の危機に?と心配しています。更に欅平では、昭和の初めに2km余り下流の小屋平ダムが出来てから上流に土砂が堆積し始めて・・・河床は20m上がってしまったと言われています。

黒部川は本来であれば、巨岩が折り重なった間を急流が流れ下るはずです。

実際に、写真の河原も二十数年前までは川床がもっと低くて大きな岩が沢山見られました。その間を縫うように急流が流れ、水量の少ない時には温泉が湧いている場所からは湯気が立ち上がっていました。(湯元は完全に埋まってしまいました)

山の崩壊~土砂の流失~土砂の堆積~河川形状の変化と、まさしく生きているといっても良いのではないでしょうか。

同じ様な事を「関電黒部ルート」にも起こりはしないだろうかと心配してしまう私なのですが・・・。

チューリップテレビN6ニュース

で、推進会議の様子を流していました。映像を見て頂ければ解りますが、立山町長・江崎委員に拍手喝采です! 決まった事ですから進める事は仕方が有りませんが、過度の期待をしたり煽ったりするのはいかがなものかと考えます。

人間が黒部を利用し始めて、たかだか百年です。何千万年も掛けて黒部川と流域が出来上がって来ました。人間は、その水のパワーと激しい浸食と戦って来た百年ですが、もっと長いスパンで黒部は生きていると言う事を頭の片隅に置いておいて、是非とも見て考えて頂ければと!

新雪を被って!

2019-04-17

写真

自宅からの白馬岳

昨日の夕方は、快晴のまま夕焼けになって。

新雪を被った、左から白馬岳・旭岳・清水岳となります。

昨日は、悪天候でアルペンルートが通行止めとなりオープニングが遅れたようですが、まだまだ奥山は冬に戻る事があります。

倒木が・・・。

2019-04-17

写真

今年倒れたブナの大木!

昨日、鐘釣駅付近での作業中です。(河原露天風呂までの遊歩道上部)

先日の東鐘釣山の岩壁とは打って変わり、薮と巨木と泥斜面のミックスした急斜面です。

薮が有ると、ロープ操作に手間取って気を付けていないとトラブルの元です。

かといって、ロープを使わないわけにはゆかず。案外時間が掛かります。

人の見えない所で頑張っています。

雪は少ないです。

2019-04-17

写真

鐘釣駅対岸の万年雪

今年の万年雪は、やはり少ないです。

中央の薄茶色のデブリは直近の雪崩のものだし、白い部分も新しいデブリに見えます。

目の前の標高で積雪は無かったので、山の高い所で積もったモノが雪崩で押し流されて来たモノです。

尚更、厳冬期の雪崩は少なかった事が分かります。(下の廊下も基本的には同様なのではないかと?)

参考までに!

2019-04-16

写真

巨大なクレーンが!

私は、見に行く予定も無いのですが。黒部のニュースとして参考までに。

宮野運動公園の陸上競技場で、今週末開催予定の「ももクロ」ライブの特設ステージを作っていました。

巨大なクレーンがステージの大きさが分かるし、右奥に見える白いテントは入場受付?グッズ売り場???

昨日は、宇奈月に「ももクロ」メンバーが来て居てみたいです。

運営に係る関係者の方々は大変でしょうが、天気予報も良さそうですし黒部が盛り上がるのは結構な事です。

仕事中!

2019-04-15

写真

東鐘釣山南壁下部

写真の左右に、白いロープが見えるかと・・・。

良く見ると、人間の姿も見えるはずです。壁の大きさが想像出来るはずです。全体写真

嶮しい黒部での、安全運行には欠かせない仕事なのです。

こんな大岩壁の中には、鳥しか居るはずないと思っていたら! 大仏が垂壁を下降中に、岩の割れ目に小動物が・・・、目と目が合ってどうしようかと様子を見ていたら、小動物がいきなり飛び出して来て落っこちると思った瞬間、空中を滑空し始めて・・・近くに居た者達もビックリです。小動物は「ムササビ」で、割れ目が巣穴だったのでした。

巨大な岩山なのですが、頂上で「マムシ」を見付けたことも有るし、壁の脇中腹の灌木帯に「ニホンカモシカ」が居たことも有ります。

道迷いの遭難者も犯罪捜査しかり、なんにでも通じる事ですが「勝手な思い込みは危険」なのです。

アーカイブ

最近の記事