阿曽原温泉小屋

どうして、そこ行っちゃうかな~?

2019-08-17

写真

デカッ!阿曽原上空に飛来した富山県消防防災ヘリコプター「とやま」

「行方不明」関連で昔話を一つ。

夏山シーズン真っ盛りのある日、10人位のパーティが仙人新道を下って剣沢に向って歩いていたのですが「最後尾を歩いていたはずのサブリーダーが途中で見当たらなくなった」との通報が入りました。

仙人峠では確認されていたのですが、二又吊り橋では誰も姿を見ておらず・・・迷う様な場所でもないし転落して藪の中で動けなくなっているのでは?

翌早朝、当時は県警にはヘリコプターが導入されていなかったので民間ヘリに出動依頼して、剣沢から搭乗して我々は先に仙人峠に降り立ち捜索開始。 もう一班は、空からヘリで一帯の捜索に向かいました。

歩き出して直ぐに、無線で遭難者らしき人間を発見との連絡が入りました。 発見場所は、なんと二又から剣沢を十字峡に下った「剣大滝」手前左岸の急斜面で、木にしがみついた状態で進退窮まっているとのこと。

発見した隊員は二又まで戻って、ヘリから降りて遭難者と合流すべく左岸沿いに向かうので、我々にも後に続くようにとの無線連絡が入りました。 20分位で仙人新道を駆け下って二又から下流側に向いましたが、最初は広い河原で剣沢の急流からも離れていたのですが、進むに随って急峻な両岸が狭く成って潅木帯の急斜面にフイックスしながらトラバースしながら進むと遭難者と先行の隊員とが合流したのが目視確認出来ました。

目出度し目出度しだったのですが・・・。

続く。

アーカイブ

最近の記事