阿曽原温泉小屋

神様の掌の上で・・・。

2019-05-15

写真

新緑真っ盛り!

警察官時代に、覚せい剤事犯の卸元の長期間の張り込み捜査では県内はもとより金沢~春日井と私が現場に行った時に限って犯人確保をすることが出来たり。 (「次は香港に行けと言われたらどおしよう?」等と意気揚々と富山に帰ってきたら、管内で身元不明の焼死体が発見されて大騒ぎになって・・・その後は焼死体の歯型を頼りに近県へ歯科医への聞き込み捜査に駆り出されて結局迷宮入りに、その年は山岳警備勤務に付けませんでした) 

昇任試験の勉強など全くしていなかったのに、試験問題が法学から実務中心となって試験に受かったり(先輩の分隊長が、剣岳で訓練中に殉職した次の年で・・・タイミングが???) 

私が、剣沢勤務の時に事故が多発したり(先代の剣山荘の主人に「お前が来たら遭難が有るから来るな!」って言われるほど) 

また私の勤務日に限って、当時は珍しかった司法解剖事案が発生して、誰も好んでやりたいとは思わないであろう?死体解剖の補助員を立て続けにさせられたり・・・。(ちなみに、解剖を終えて帰って来てから「鉄壁の不動心」の為、一緒に解剖補助員してきた警察学校出たての後輩を連れて、ホルモン焼きの店に食事に行きました。今こんなことをしたら「パワハラ」って言われるんでしょうか?ちなみに、新鮮系以外の話ではもっとエグイものも有るのですが、夜中に絶叫する方が出るかもしれないので?この程度にしますが、見た目・臭い・感触等々慣れてないとシッカリ仕事を出来ないんです。嫌な仕事でも、人知れずシッカリやらなければならない仕事もあるのですから、一事だけを取って決め付けないで!)

阿曽原に来てからでも、数十年に一度クラスの洪水や大雪、何百・何千年に一度の落石などの自然災害で、まだまだ借金まみれだった山小屋営業が出来なくなって、そんな時に黒部でコアな山仕事を請け負っていたガイドがヒマラヤで亡くなってしまい、結果として災害復旧に携わる事になったこと等は、自分の意思とは別の所で動く周りに翻弄されなら???その時々で行って来た困難な仕事や、事有る毎に一緒に汗を流してくれる人間が現れてくれて「縁」みたいなもの感じたり?ただの偶然なんだろうか?と思う事があります。

アーカイブ

最近の記事