阿曽原温泉小屋

k

怒涛の・・・??

2021-12-06

写真

ザックリと左から、剱岳~剣御前~大日岳~立山~弥陀ヶ原・・・。

三日は富山市内で、二年振りのメンバーで飲んでから義兄弟?の家で泊めてもらって~四日朝帰り途中で牛丼屋でスパイスの効いたカレーで大汗かいて目を覚まして~帰宅してから朝風呂に入ってさらに汗を流してアルコールを抜いて~講演会用にピックアップしておいた写真を並べ替えて・・話の組み立て考えて~午後一から地元の施設へ行って一時間半の持ち時間をこなして~夕方テレビの前で転がったら・・寝込んでしまい気が付けば深夜23時・・・(思わぬ休肝日になりました)

昨日五日は、午前中に隣村の「公民館祭り」で講演を頼まれていたのをこなして。(ラッキーなことに昨日と被る人がいなかったのですが、両日とも近郷近在の人が多くて・・やりにくくて)

今日は、来週黒部で集まる山小屋組合の寄合の段取り・調整やらを事務局や各組合と取りながら・・。

明日七日には、太郎平小屋の五十嶋さんに経営する立山山麓スキー場の「ロッヂ太郎」に向かう為には流石にタイヤ交換をしなければならず・・。(東京の山小屋サミットに集まる「山松会」メンバーが北海道・東京・等等各方面から集うので、当然ながら夜は飲み会が)

翌日八日も朝帰りして、宇奈月国際会議場で開催される「黒部・宇奈月温泉観光局」の理事会出席することに。

本当は明日七日から、トロッコ列車の撤収作業の仕事が始まるのだけれども・・大仏達に任せて走りまわっております。

写真は、先日の富山に出た時にキレイだったのでショッピングセンターの屋上駐車場からの立山連峰です。

こんなのを見ると「富山に生まれて良かった!」って思ってしまうのです。

今日は、県民会館へ。

2021-11-29

写真

今朝の朝焼け!

今日は県民会館で「登山指導員」の辞令交付式と懇談会が「午前中」に開催されます。

毎年、午後からのに「午前中」???何かを心配して?早目に切り上げられるように??ミョーな意図が隠されていなければよいのですが。(嵐の予感・・・考えすぎか?)

毎年午後からの会合の後、富山市内に飲みに繰り出しているのですが・・今日は午後から半日時間を潰さねば。

コロナ明けで?今年はリベンジ飲み会が続いて・・先週も金曜・土曜と飲みに出て一日空けて今夜も出る羽目に・・この後、金曜日に飲み会して土曜・日曜と講演会に呼ばれているのですが、全く準備してないし~・・今週半ばには北アルプス山小屋組合の寄合の段取り組まねばならないし~・・なんとか元気に過ごしております。

今朝は、見事な朝焼けでした。

昨日の夕焼けの山がキレイだったのでUPしようと考えていたのですが、一昨日の新雪を被った山並みと雲が濃く染められていたので差し替えました。

12月29日!

2021-11-26

写真

霜が降りた朝、露天風呂手前の石垣の「杉苔」が凍って二色に??

先にお伝えしていた?今シーズンは、もう一つのテレビ番組の取材が入っていました。

年末12月29日21時より、BSテレ東「最後の秘境~黒部源流紀行」が放送予定と連絡が入りました。

番宣ページ

撮影クルーは頑張っていましたので、見てやって頂けたら幸いです。

※参考

写真が「杉苔」なのは、番組の旅人だった元バドミントン日本代表・小椋久美子さんと一緒に歩いたのですが、小椋さんは「苔類」が大好きで自分でも「苔玉」を栽培?しているとの話題に。

峡谷の登山道沿いには、至る所に「苔類」がはえているのを大変喜んでおられたのを思い出したので。

荒れています。

2021-11-24

写真

左上のネットが歪んでいるのが解る??奥山には積雪が。

昨日から富山県は暴風警報が出され、自宅にいても時折ミゾレ?アラレ?交じりの荒天が続いていました。

今日の午前中、大仏から電話で

「トロッコ列車の黒薙線に落石が降って来て、防護ネットが壊されて早急に修復してほしいとの連絡が入ったけど・・急に言われてもメンバーは予定が入っていて困っている」

観光客が乗る「本線」では無いので、本来ならば天気も悪いしメンバーが揃ってからでもいいようなものなのですが一週間後には営業終了予定で、黒薙川上流の砂防工事の片付け荷物を降ろさねばならないらしく・・シャー無いから都合のつく者だけで昼過ぎから現場に行くことにしました。(推察するに、大荒れの天候で木の根が揺らされて斜面の石がハズレタ?そもそも本線では無いので、旅客列車は走らないのですが・・旅客列車が走る本線は、キッチリ点検してますから!)

黒薙駅に着く直前にアラレが強く降り出して・・・取り合えず現場に向かったら収まってくれたので、寒さに凍えながらも大急ぎでネットの修復を済ませて帰って来ることが出来ました。

明日! 地球(アース)トラベラー「錦秋の剱岳 幻の滝を撮る」

2021-11-22

写真

十字峡吊り橋下の釜

今シーズン撮影に入って来ていた、NHKのクルーから連絡が入り

地球(アース)トラベラー「錦秋の剱岳 幻の滝を撮る」 番宣映像

11月23日(火・祝)[BSプレミアム]後3:10

が放送されるとのことです。

番宣映像を見ると・・かなり頑張った感がありますので、興味のある方はご覧くださいませ。(阿曽原も少し・・?)

果てしない???(暗い夜道は??)

2021-11-22

写真

道端の盛り上がった茂みを掘ると・・・!

昨日、毎年恒例の黒部峡谷内の清掃活動で欅平~祖母谷温泉に行って来ました。

恥ずかしい話なのですが、通常の遊歩道清掃の範疇では処理できない「工事廃材」「流失設備・資材」等が、河原の砂に埋まって錆ていたり道路沿いの目立たない場所に積み上げられたまま朽ちて居たりしています。

ほとんどが数十年前から放置されたままで、何年前の工事で何処の設備・資材だったのか分からないものばです。(だいたい想像はつくのですが・・・時効事案ばかり)

鋼製の単管足場・クランプ・ワイヤー・電線ケーブル等々、設備の更新工事・災害被害時のものなど考えられます。

昔からその都度回収や片付けをしてもらっていれば、こんなことする必要もないのですが・・・悲しいけれど、ここら辺が霊山として人が接して来た「立山」と、仕事で切り開かれて来た「黒部」の決定的な差だと考えます!

こんなこと書いてしまうから「暗い夜道は一人で歩けなくなりますよ」って時々周りから忠告されてしまうのですが・・・?

観光・登山で黒部を訪れて、感動してゆかれる姿を見ている我々としては「シャー無いな~」って見て見ぬ振りをしている訳にもゆかないので、宇奈月方面山岳救助隊員の隊員と事務局が中心となって、黒部環境保全協会(環境省等行政・関係機関等で構成)の予算の一部を使わせてもらって毎年回収作業をしていますが何時になったら終わるのだろうかと・・・?

今回も、藪に廃棄され朽ちていた単管パイプを回収してみたら出るわ出るわ、とても手では追い付かないので重機を持ち出して掘ってみると、結局2トンダンプの荷台一杯の廃材が出て来ました。

訪れる皆さんの「感動の御手伝い」の為に、出来る事やってゆかねば!

※オマケ!

廃材を掘り出してみたら、隙間で冬眠準備していた??「赤マムシ」が現れて。

寝惚けて居るのか?動きが緩慢で棒でイジられても逃げ出さず裏返しになって黒いマダラ模様の腹を見せてノロノロと・・やがて向こうの藪の中に逃げてゆきました。

アーカイブ

最近の記事