阿曽原温泉小屋

k

ヤキモキ&ハラハラ!そこが黒部峡谷なのです。

2024-05-11

写真

9月末では、なかなか見れませんから!

写真は 2015年9月30日に撮影したS字峡に残るスノーブリッジです。

この年は残雪が多く「下の廊下」を歩けた人は10月後半だけで非常に少なかった記憶が?

(ちなみにこの年はNHKが長期滞在してジオジャパンの番組製作していて、小屋が盛況ならば彼等だけ特別待遇も出来る訳もなく・・毎日カレーばかり食べてもらわねばならないし大量の資機材置き場確保等々、NHK的にはラッキーだったのでは?)

今年は残雪量が少ないので、登山道整備も早く終わって通行可能期間の長くなり多くの方々に黒部峡谷を楽しんでいただけたはずなのですが・・・。

これまでも大雪だけでなく「洪水」「落石」等々災害が繰り返し発生してしまい、小屋の営業自体出来ない年もありました。

その度、復旧作業で危険な現場に入って来ましたし、雲切新道を切り開いた年も「下の廊下」の開通が遅れた年だったので最後の最後まで集中して作業することが出来ました。(NHK番組制作も雲切新道工事も、ただの偶然なんだろうか??)

正直に言えば小屋の営業的には厳しいものがあるのですが、事ある毎に危険で大汗かかされる現場に一緒に入ってくれる仲間達が出来て~ネットワーク的なモノが出来て~危険な作業が出てくれば声を掛けられる信用??みたいな流れが出来てきたのではないかと?(仲間も信用も、いくら金積んでも揃わないのでは?)

本業は山小屋ですから、好き好んで危険で大変な仕事に向かっている訳ではありませんが、困った人を助ける・苦労して歩いて来た人の世話をする・救助現場に向かう・・・などの延長線上で、現場に出て汗かいて来たからではないかと考えてしまう訳なのです。(基本、山小屋従業員は何でも屋!)

とにかく黒部峡谷は、次々と「ハラハラ・ドキドキ」させてくれる(自分から突っ込んでる?)場所だと考えてる小屋主なのです。

※そんな黒部なのですから、計画通りに入山できないとしても勘弁してやってください??

営業見通しは立っていません!

2024-05-11

写真

そのうち良い事あるやろ??

本年に入ってから繰り返しお伝えしていますが、本年の宿泊営業の見通しは全く立っておりません!

〇トロッコ列車の鐘釣橋の復旧については、一応10月初旬の復旧予定と発表がありましたが・・・なんてったって黒部峡谷?での作業ということを忘れてはなりません。

〇黒部ダム~旧日電歩道~阿曽原~水平歩道~欅平までの登山道についても、全く現地調査が行われておりません。

 昨年10月11日 に、強雨の影響?で登山道が一部崩落したことがありましたが、そもそもが深く険しい峡谷沿いに作られた歩道ですので、道の崩落・落石による手摺り番線切断や丸太桟道欠落・枯沢や急斜面に屑石が堆積等々が考えられます。

〇登山道整備については例年通り6月以降に順次調査に入る予定ですが、まず調査してから復旧に当たることになります。 東北の震災の年に発生した地震では十字峡上流で斜面が地滑りを起こして登山道が30mほど消失してしまいましたが、あの時よりも強い地震だったので、今回もどこかで被害が出ているものと考えておいた方がよいかと。

とにかく現場に人間が入れるようにならないと確認出来ませんし、復旧工事の見通しも立ちません!(今年は雪が少ないと言っても・・まだ待たなければ入れないし、トロッコが止まっていては欅平に入る事すら大変なのです)

以上の肝になっている「橋復旧」「登山道修復」が予定通り終了したとしても、小屋を運営するための資材物資搬入・人員確保等々の体制整備も近づいてからでないと動きようもありません。

なので小屋の宿泊については予約は受け様が無い!事を御理解して頂きたく御願い致します。

正確な情報を、なるべく早くお伝えするように努めますので 〇先走って登山計画を立てたる 〇予約電話や問い合わせ 等々を行わない様に重ねて御願い致します。

富山県水墨美術館

2024-05-10

写真

飛龍峡

【予告】[四館連携企画展]立山・黒部の魅力再発見!~山河をめぐる歴史・文学・美術~(6月7日から)

富山県水墨画美術館 において開催されるとのことで、阿曽原温泉を題材にして作られた写真絵本「黒部の谷の小さな山小屋」の写真も展示されるらしいです。

6月7日のトークショウ は、名古屋に向かう日なので残念ながら聴きに行けませんが、星野カメラマンが富山に来るタイミングと合わすことが出来れば、話しの種に?行ってこようかと考えております。

※先日までの室堂勤務で見掛けた、写真家の高橋敬市氏の作品も展示されるらしいです。

第10回夏山フェスタ!

2024-05-09

写真

今シーズンの奥大日岳は雪が少なくて

今年も6月8日~9日に名古屋市「ウインクあいち」で開催される「夏山フェスタ」に参加いたします。

◎第10回夏山フェスタ

山小屋ブースは8階になる予定と連絡が来ております。

昨年は、名古屋入りの日に大雨で新幹線が途中で止まってドナドナさんに迎えに来てもらったり、写真絵本の即売会を行ったりとドタバタしました。

今回は毎回の様に来場してくれていた愛知の女性が、昨シーズン北アルプスで亡くなられており「供養」という訳ではありませんが、参加することで少しでも安全登山に繋がればなんてことを考えたりしております。

痕跡!

2024-05-08

写真

国見岳の稜線直下にラインが見えます

今冬は元々積雪が少なかったのですが、3月になって山沿いで沢山の降雪がありました。

写真をよく見てもらうと、国見岳 稜線直下にラインが見えるのですが??

雪面に出来た段差なのですが、実は天狗山方面まで続いているのが見て取れました。

3月に大量の降雪があった際に、国見岳~天狗山~美松坂までのアルペンルート側道路側斜面で広範囲に雪崩が発生したそうです。

その際の破断面??発生当時は積雪が大量にあったはずなので、流れ下った雪の量は相当なものだったのでは?

(ちなみに、この斜面直下にある観光名所「雪の大谷」に高い雪の壁が出来るのは、風で運ばれる吹き溜まりがメインとのこと)

ここまで長い距離・広い範囲で、一度に発生した雪崩は珍しいのではないかと。 

※昨年の写真 今年の写真と比べて見ると違いがよく解かるかと!

大雪が降る前の斜面が固まっていたところに、新雪が一気に積もって耐えきれずに雪崩れた際に斜面全体のバランスが崩れたことによって広い範囲で大規模な雪崩が発生したのではないのかと?

幸いなことに人的・物的な被害はなかったそうですが、冬季間に立山黒部アルペンルートを利用する計画もありましたが、少なくとも室堂から美女平までの高原バス沿いの利用は無理なことが証明されたのではないかと!

天候が良い時のアルペンルートは最高の観光地なのですが・・・。

連休終了

2024-05-06

写真

彼のおかげで寝不足でしたが・・・。

GWも今日で終了しますが私が勤務していた期間、本来ならば大きな事故に繋がった転落事故は発生したものの奇跡的にほとんど無傷で救助された事故以外は、 疲労で動けなくなり山小屋スタッフに迎えに来てもらったり、 コース間違いのスキヤーが黒部ダムの終バスに間に合わなかったり、 山小屋で深夜の病気発症・・・重大事故と呼ばれるようなものは有りませんでした。

雷鳥沢キャンプ場は最大330張りのテントが有ったそうですが、天候に恵まれて皆さん楽しめたのではないかと??? (雪が少なく気温が高く柔らかい雪で、滑降目当ての方々は楽しめなかったかも?)

晴天では姿を見せてくれにくい「雷鳥」も室堂周辺・雷鳥沢付近でよく姿を見せてくれていたらしく、見付けられた方は喜んで帰って来て報告してくださいました。

なのですが、私が宿泊していた立山センターの西側の部屋なのですが・・・毎早朝から「ガ―ガ―」と鳴きまくられて寝不足気味の日々が続いてしまいまいりました。写真は、仕事に向かう前に立山センター裏に廻って「ガーガー」の聞こえる方に出て見たらヒョコヒョコと駆け寄って来て目の前まで来てくれたものです。

懐いている訳ではないのでしょうが、驚かさなければ人間を恐れない???姿を見ていると寝不足も勘弁してやろうかと。

本日で下山しますが、室堂ターミナルの入山安全窓口で毎日立っている間は、・阿曽原の常連さんや来てくれたことのある方・馴染みのガイド・元気にお客さんを誘導している室堂ターミナル勤務の職員さん・立山センターで食事と飲み会の世話を焼いて頂いた「絹ちゃん」等々多くの方々に声を掛けて頂き気持ちよく勤務を終えることが出来ました。

アーカイブ

最近の記事