阿曽原温泉小屋

登山道情報!(仙人温泉上部雪渓)

2019-09-01

写真

草刈り機で格闘する王子。

仙人谷ルート仙人温泉上部20分の二又地点の雪渓を、仙人池ヒュッテの主人が状態確認をして来てくれました。

坊主尾根側から合流する沢の雪渓が薄く成って来たので、雪渓が無くなるまでは上流側を迂回して沢を通過する事に成るとのことです。(それほど長くは持たないと思うのですが、寒くなって来て雪渓が硬くなって案外長持ちするかも?)

長雨で状態が急に変わったのですが、登山者の少ない時期なのでそれほど心配もしていないのですが「仙人池ヒュッテ」に立ち寄って状況を聞いてから降りて来て下さい。

写真中央は、阿曽原谷左岸の登山道に覆い被さる「ススキ」を草刈り機で刈り払ってくれている王子の勇姿?

落石現場に行った時に「ススキ」が気になって、晴れ間にやっつけに行ってくれました。 あの場所は業者さんが一度終わらせているのですが、小屋の周りと一緒でドンドン伸びて来て二度三度と刈ってやらねばなりません。

大仏は、宇奈月の「僧ヶ岳」登山道の階段施工に取り掛かってくれていて、来週から本格的に王子と「下の廊下」上半の作業に向います。

私は、研修会で明日から立山室堂へ行く予定。九月は他に、北アルプス南部の研修会と別件で北海道行(しかも旅費付だったのに)が有ったのですが・・・スタッフそれぞれ働いているのに、さすがに空け過ぎなので諦めました。

来週は、ある研究グループが3連泊する予定なので少しは食事に変化を付けてあげないと。

小屋の営業的には15日まで暇なのですが、電話での予約と問い合わせが沢山あって・・・、実は毎年この時期は暇は暇なのですが、なんやかんや有って人間を回すのに苦労しているのです。

アーカイブ

最近の記事