阿曽原温泉小屋

やっぱりキレイです。

2019-05-06

写真

ピカピカに光った立山!

こんな景色を見れるから「やめられない」んですよね~!

光っているってことは、斜面が凍結しているってことです。

数日前に新雪が降って白くなって、前日に雨が降って雪に浸み込んで、厳冬期とは違った白さの立山です。昼前には緩んでしまいピカピカ感は無くなりますが、この日は下層の雪がシッカリしていてスキー・スノボ滑走は楽しかったみたいです。

今年は、スキーヤーの入り込みが少なかった様です。 観光客が多過ぎて、来る気にならないか・・・?標高の低いエリアでは、残雪が少なくて途中から歩かねばならいとの情報が広がっていたせいか??? 人が少ない分、後半は天気も良くて滑る人には楽しいGWだったのでは。

確かにアルペンルートは、欧米系はもとより、イー・リャン・サンと中国語が飛び交い、ビンディを付けたヒンズー教徒の女性、ヒジャーブを被ったイスラム教徒の女性、タイ仏教の衣装をまとった僧侶、台湾の青天白日満地紅旗やハングル文字の小旗を掲げたツアー等々大変なにぎわいでした。

窓口に居ると色々話し掛けられて・・・英語で片言での簡単な案内ならば少しだけ何とかなりますが・・・今流行の「ポケトー○」も用意しているのですが、早口で捲し立てられると???

それでも、入山日の高原バスがインドからの方々のツアーの中に、日本人は運転手と私だけとなって・・・。 沿道の観光名所を通りかかる度に、「ライトウインドウ・フォトチャンス」「ベリーベリー・オールドツリー」等と適当に両隣のお客さんに教えてあげながら室堂に着くと「サンキュー!」って何度も笑顔で言ってくれて。

更には室堂勤務中に、登山者・スキーヤー・馴染みのガイド連中等々から笑顔で声を掛けて頂きました。 他にもターミナルで働く従業員にも、馴染みの人・阿曽原に遊びに来てくれた人・知り合いの娘さんが働いていたりと、みんなの笑顔に触れられて「細やかな幸せ」を!

やっぱり、ありがとうと笑顔は万国共通だわ!と感じて帰って来たのでした。

アーカイブ

最近の記事