阿曽原温泉小屋

迷宮入り事件!

2018-10-20

写真

昨夜は、今シーズン最高の206人のテント泊でした。

怖い話しを、ついでにもう一つ。

小屋を引き継いで、1年目か2年目だったと思うのですが。

夕食の二回戦目の食事が1人分足りない事に??? 慌てて、追加で定食の天ぷらを揚げて用意して席に着いてもらいました。

お客さん全員を点呼して、宿帳と作った食事の数とを何回照らし合わせてみても・・・最初に作った数に間違いは有りません。

誰かが、二回夕飯を食べてしまったのか? キャンプの人が食べに来ていたのか?席を指定して座ってもらっているから、そんなはずはない!

夕食が終わってから、客室を再度確認して宿泊者数を再確認しても???

1人のお客さんが「さっき、毛布を引きずった小柄なおじいさんが廊下を歩いていたけど」

って言うのです???

毛布って言われても・・・、その当時は毛布を客室には出しておらず? 小屋の中には、「小柄なおじいさん」は見当たらず・・・、取りあえず宿泊者全員の再確認が取れたところでその晩は休む事に。

翌朝の朝食は、ちゃんと人員と食事数が合って、何だったんだろうと思いつつもお客さんを送り出しました。

客室の掃除を済ませて、裏に回って縁の下へプロパンガスの切り替えに行って??? キレイに立てかけてあったはずのベニヤ板が、倒れてと言うより敷き詰めた感じに???

「なんじゃこりゃ」???小屋では見たことが無いというか、テレビの時代劇でしか見れないような紅い鼻緒のワラ草履が一足ベニヤ板の上に乗っているのです。(当時はデジカメを持っていなかったので写真が無いのが残念です)

鑑識してみると、とても小さなワラ草履で子供用位の大きさ、底のワラは潰れていますが泥で汚れている訳では無く濡れてもいないので、そんなに歩いている様には見えなかったです。

もちろん、昨日まで誰も見たことも無く小屋の関係者には心当たりも無い遺留物です。

無銭飲食の疑いの当該事件は、その後二十数年経ちますが「小柄なおじいさん」の発見にも至らず、それらしき人間の目撃情報も無く、類似事件の発生も無く・・・、迷宮入りとなりました。

※御心配なさらずに!

阿曽原温泉には、守り神として「大仏様」が鎮座しておられますから!

アーカイブ

最近の記事