阿曽原温泉小屋

怖い話し?

2018-10-20

写真

ガスが掛かると岩峰が浮出ます。(今朝の阿曽原)

営業終了まであと九日、両手の指で数えられるまでになりました。

今年は、冷え込みが緩くて朝起きて凍える事は無い代わりに、紅葉の進むペースが遅いです。(十分綺麗なのですが)

昨日は、遅く届いた方は居なかったのですが・・・、ツアーが到着して合羽を脱ぐのにごった返す玄関で、テント泊の70歳前の女性が届出を出しに来てスタッフがビックリ!

鼻頭・額・眉間辺りから流血して真っ青に内出血して、更には額がポッコリ腫れ上がっていました。(パッと見、スゲー怖い顔でした)

欅平から上って来て、最初の短いトンネルを出た辺りで転んで道に顔をぶつけたとのことでした。その時はヘルメットを被っていなかったとのことですが、片手ににストックを持っていたにしても顔面から激突するとは・・・。

体力の割に荷物が重かったのも有りますが、加齢に伴って反応が遅くなり咄嗟の時に手が出なくなってしまうのではないかと、年寄りを馬鹿にするなと言われそうですが、反応が遅くなるのは仕方のない事です。

「山行計画を立てられる際は、無理せず余裕を持って」って通り一遍の話しより、現場から欅平に引返した方がどれだけ近かったか。 状況判断はしっかりしていただかないと・・・!

阿曽原は、毎日イロイロあります。

※怖い話し?

不思議な事に、昨日の転倒現場と先の死亡転落現場は近い場所で、それほど緊張させられる場所では無い所です。

偶然だとは思うのですが、一つ事故が発生すると不思議な事にその年はその付近で続けて発生することがあります。(例えば、S字峡で発生すればその付近で2・3件、志合谷で有れば続けて2・3件とか、去年は仙人谷で3件・・・)

30Kmの長い危険なコースで、これだけ大勢の登山者が歩いているのに・・・同じ場所で続けて起きる事があるとは???(見えない誰かが、足を引っ張っているのか?)

今年は、これ以上?引っ張られません様に???

アーカイブ

最近の記事