阿曽原温泉小屋

水平歩道の整備状況(折尾谷~阿曽原)Ⅱ

2018-07-26

写真

欠落地点の迂回路の梯子(欅平側)

先日調査に行った時、一部欠落していた地点には欅平側に10mの梯子が作られました。(折尾の大滝より阿曽原側に3分)

梯子を上りきった所で、斜面をトラバースして欠落地点を迂回してから、ロープで水平道に戻ります。 トラバース・ロープの登降部分は、薮が仮払って有りますが慎重に歩いて下さい。

※想像ですが。

欠落箇所の周辺を観察してみたら、今回作られた梯子の上部の斜面の樹木が何本も中折れしているのが見て取れました。 手前には枯沢があるので、冬の間に「ホウ雪崩」がこの枯沢で発生したのでは???

その時に欠落箇所の周辺に有る樹木が、押さえつけられたり揺すられて、水平歩道の積み石状だった箇所が、その影響で崩れたのではないかと・・・。

阿曽原の露天風呂とその少し上流や、黒部川本流と折尾谷出合右岸側にも、かなり大きな規模で大木が倒されているのが確認出来ます。 今年は、あっちこっちで発生していたのではないかと!(大木が育つ数十年間は発生していなかった雪崩が、今冬に出たという事)

「ホウ雪崩」恐るべし! 観察して考えて検証しながら歩くと、違った角度から黒部を見る事が出来ます。 自分の目で確かめに来られてはいかがでしょうか。

アーカイブ

最近の記事