阿曽原温泉小屋

水平歩道の整備情報

2018-07-11

写真

阿曽原谷の丸太橋は、補修前です。増水すればとても渡れません。

10日現在、欅平からの水平歩道の整備は完了していません。

先にも載せましたが、ヘリコプターの安全対策強化に加え、今回の大雨によって計画が遅れ気味となった様です。

「整備が終了しないと、歩けないのか?」

との質問も有るのですが、・手すりの針金が無い部分が有る! ・路肩の丸太が無い部分が有る! ・草刈りがして無い部分は足元が見え難い! ・沢に橋が架かっておらず、飛び石又は渡渉となる! 等の問題が出てきます。 ロープ操作に習熟している! ヤブの迂回路を見定めるルートファインディングが出来る人! であれば歩けるかと思いますが、一般的な方については、整備が終了しないと厳しいです。 

そして、今現在の大きな問題点が「折尾谷」です。 なぜか折尾谷だけが、特別残雪が多くて、水平歩道部分は完全に雪の下となっており、谷中央の砂防堰堤状の通路(トンネル)等は全く見えていないらしいです。 今は簡単に雪渓の上を渡る事が出来ますが、そのうちシュルンド(雪渓と岩盤等の地山との隙間)が発達してくると、私等でもかなり苦労しなければ通過出来なくなる期間が1週間程度続きます! 

雪渓が小さくなって、砂防堰堤トンネルが出て来てくれれば普通の水平歩道となるのですが、それまでは一般の登山者の方々にお薦め出来ません!(黒部に怪我無しですよ!)

今後の整備状況は、このページで随時更新しますので参考にして下さい。

アーカイブ

最近の記事