阿曽原温泉小屋

人を寄せ付けない!

2018-02-10

写真

奥鐘橋より上流を望む

橋の上から上流側を望むと、シーズン中ならば水平道が見えるのですが・・・。厳冬期は、とても人間が歩ける様には見えません。

一つの雪の壁になっていて、写真からは場所を確認することは出来ません。(正面奥上部の壁は、志合谷から阿曽原方面の小太鼓辺りが見えています)

正面中央奥の構造物は、「新黒三発電所」です。 ちなみに阿曽原の露天風呂の奥にあるトンネルは、黒四発電所から新黒三発電所まで水を送るための水路トンネルを掘削した時の土砂出し穴です。

手前右側の構造物は、「黒三発電所」です。 こちらは、仙人谷ダムからの水で発電していますが、高熱隧道を掘削した時の土砂が阿曽原キャンプ場の平地になっています。 

どちらの発電所も、屋根雪降ろしに業者さんが上山して来られました。 奥山での発電事業は、送電線の維持管理しかりで手間が掛かっています。

アーカイブ

最近の記事