阿曽原温泉小屋

冷や汗もの!Ⅳ(チームに、ありがとうです)

2019-03-02

写真

直近に、落石の直撃を受けた立木!(予知と言うよりも、観察して想像すれば身を守れます)

危険な作業については、何でも言い合えるチームである事が大切かと。 

色んな視点・感覚等で、見て・感じて・考えて意思疎通をしながら事に当たれば良い仕事が出来るかなって! (独りよがりのリーダーは???)

みんなの意見をまとめて決断して、みんなでフォローし合って事に当り、それでも失敗したら最終的な尻拭いはリーダーが引き受ける覚悟が伝わればチームが一つに成れるはず!

私の場合は、自分に自信が無いから・・・チームに頼り過ぎてますが、それもチームワークかと!

もう一つ大切なのは、実力を見て現場に連れてゆくには危険と思われる人間を同行させない決定をすること。(たまに勘違いして来る人がいて、心を鬼にしなければ、チームが危険に曝されます。って、私も公務員やってれば定年年齢です。そろそろ引退時期なのですが・・・)

若い衆は体力的な余裕を持って事に当れる様に体力錬成と技術を磨き、ベテランは現場での体験・経験を伝えて、私はこの仕事は泥だらけでカッコ悪いし大変な仕事だけど遣り甲斐とプライドを持てるって煽る???のが担当かと!

今まで、黒部の危険な現場でギリギリ怪我無く来れたのは、正直ラッキーでした。(運も実力の内?) しかし、その都度頼りになるメンバーが集まって、コミニュケーションの取れるチームが出来上がって来た事が大きいかな~っと・・・冷や汗の分だけ黒部の為になって来たのかなって。(人生いろんな汗がありますが、汗をかかずに良い仕事は出来ないと思うし、収入が入っても気持ち悪いでしょ・・・?)

大した日当にもならなかったけど、誰かがやらなければならない危険な仕事を無事にこなして、金で買えない達成感を共有出来たチームのみんなにありがとうです!

アーカイブ

最近の記事