阿曽原温泉小屋

立山黒部アルペンルートのロープウェイ構想について!

2018-12-03

県の「立山黒部」世界ブランド化推進会議が昨日開催されて、立山駅~美女平間のケーブルカーの老朽化と輸送能力増強のためのロープウェイ構想が示されました。

チューリップテレビ

KNBテレビ

北日本新聞 

「称名滝~大観台」「立山駅~美女平」の二つの案が示されました。 以前から、輸送能力に限りがある現在の立山ケーブルカーについては設備・機器の更新時期も来ており喫緊の課題でもありました。

「称名滝~大観台」については、

1.称名平の駐車場辺りを始発駅に想定しているのだろうが、以前「泡雪崩」被害を受けた場所です。

2.立山駅直下の藤橋から上流は称名平までは、雪崩多発地帯で冬季間の施設の維持管理に通えるのだろうか? (アルペンルートの「黒部平~大観峰」のロープウェイについては、冬季間も毎日動かして索輪が凍り付かないようにしていると聞いたことがあります)

3.称名滝の下流に設置予定しているけど、称名渓谷の空中は谷が狭く深くなっている地形なので、称名河原や大観台周辺では予測もできないくらいの強風が吹いていると想像出来るのだけれども、検証・調査等はしたのでしょうか?(三年前に黒部峡谷の欅平から祖母谷に向けて、見上げた一定の高度のラインだけ巨木が何本も倒された事が有りましたが、強風の通り道だったのではと考えられます)

4.大観台の駅舎とバスターミナルを建設するとなれば、相当広い範囲を新規に切り開いて整地・舗装することになり、せっかく今まで大切にしてきた貴重なエリアなのに???

5.新たにロープウェイを作れば、今まで見えていた称名渓谷の景色の見え方にどんな影響が出てくるのか??? 

もしここを開発するようなことがあれば、全国の国立公園内から開発計画が持ち上がるのではないでしょうか?

この先は、またあとで書きます!  

アーカイブ

最近の記事