阿曽原温泉小屋

下の廊下情報!(補足事項)

2018-09-30

写真

補修前の高巻き桟道。雪で毎年壊されますが、現在は修復済みです!

●.黒部ダム~黒部別山谷間の工事は終了しました!

●.黒部別山谷~十字峡間は、未整備区間があります。通行出来ないわけでは有りませんが注意が必要です。

不整地歩行に自信の無い方は控えて下さい!

●.十字峡~阿曽原間は、整備は終了していませんが問題なく歩けます。

※最後まで、手間が掛っていた大ヘツリの高巻き桟道について。

本来は、ワザワザ高巻き等しなくても通行できた区間ですが、推察するに数年前のシーズンオフに岩盤の剥離又は巨大な落石が上部で発生して、路肩にぶつかり岩壁を削って造られた道の壁側に長さ7m位のクラックが入りました。

やがてはクラックが広がって、道が崩落するはずなので大変手間が掛るのですが高巻き桟道を作る事に成りました。(大仏班の仕事、というより作品です!造形美を堪能あれ)

10m余り昇り返して14・5m位の幅で、クラック部分を迂回するルートとなっております。

元々の道から川床までの高さが30m位の断崖なのに、更に高巻く事に成り高度感も体力的にも大変なのですが、毎年クラックが広がっているのが見て取れて厭~な感じです。(今年は特に広がっています)

ちゃんと高巻きして、通行して下さい!

いっそのこと人が居ない時に崩落してくれれば、元のルートにアンカーを打って桟道を架けるなり出来れば良いのですが・・・。

アーカイブ

最近の記事