阿曽原温泉小屋

速報! 「下の廊下情報」

2018-08-27

天候待ちで遅れていた、黒部ダム~黒部別山谷間工区の資材搬送ヘリコプターが無事フライトしたと、先ほど現場の大仏から連絡が入りました。

あとは人力での、丸太桟道・梯子の修復と設置、道に堆積した土砂や岩を取り除く作業ですが、明日から秋雨前線が停滞しそうで思うように作業が進められるか・・・。

黒部別山谷~仙人谷ダム間の進捗については、遅れ気味ですので全線開通については今後の情報をお待ちください!

もしもし、熊はいますか? あったりまえです!!!

2018-08-27

写真

百均のオモチャのピストル! 単独の常連さんが置いて行ってくれました。

先日も、小屋に掛かってくる「珍問」について書いてみました。

熊については、残飯・空き缶等、熊を呼び寄せる臭いの出るものはキチンと処理しているので、ほとんど気配はありません。 今までシーズン中に気配が有ったのは、山の食べ物(ブナの実・ドングリ等)が不作の年に近くに来ていた痕跡が有りましたが、人の気配の濃い時期に小屋の周りに出て来ることは「阿曽原」ではありません。(不作の年に、朝食前に客室の外の立木に小熊が登っていたことが一度ありましたが、お客さんが騒いだら逃げて行った事が)

15年位前に、シーズン前の小屋の内装工事中に窓から黒部川を見下ろしたら大きな熊が河原を歩いていました。 みんなで、動きを見ていたら薮に入って雪渓の残る阿曽原谷に入ってゆきました。(本流沿いの雑木がワサワサと大きく動いていたので、それだけでも熊の大きさが想像出来るかと)

皆でキャンプ場の端まで行って、雪渓を覗いていると本谷と支谷の間のブリッジの割れ目から奴がノソノソと姿を現しました。(直線距離なら20m足らず?)剣道の心得のある大仏は、振り返ってキャンプ場に置いてあった鉄製の単管パイプを取りに走りましたが、熊はこちらを一瞥して慌てた素振りも見せず同じペースでガサゴソと藪の中へ・・・ってことがありました。 

去年だったか?東北で山菜取りの女性が熊に襲われる事件が有りましたが、今のところ黒部ではクマに襲われるようなことはありません。

冬眠前に餌が少ない時・春先に冬眠明けで小熊を連れた母熊等は、危険と言われていますが登山シーズン中はどちらも外れているので、それほど心配しなくても良いのではないかと? 何度も、目撃していますが(仙人谷下部の橋を挟んでお見合いしたり)私に気づいてくれると回れ右をしてくれています。

ただし、生息域なのですから出くわさない様に人間の気配を熊が解るように配意するのが大切なのではないかと、ラジオ・熊スズを鳴らしたり話をしながら歩く様に言われているのはその為ですが、気を付けなければならないのが沢筋・川沿いだと、ハンターの話しや経験則から感じているところです。

どちらも、流れの音が他の音をかき消す! 風が吹き抜けている事が多く人間の臭いが熊に伝わらない!事がその理由です。(熊もニホンカモシカも目が悪いらしい)

※写真は、阿曽原に先日来てくれた単独登山者からの置き土産です。  阿曽原には、15・6回ほど来ているそうで、小屋の前に現われた時には「オウ!見たこと有る顔だね」って思わず声を掛けたら、「去年も来たけど、イズミさんは留守で別山谷で大仏さんに会った」とのことでした。

何時も一人なので、オモチャのピストルだけど熊が居そうな所に行くときには鳴らしながら歩いているとのこと。 この先、親御さんの介護の為に山口県に引っ越すことになりそうで山登りから遠ざかりそうとの事で、「ピストルは置いて行きます。」って置いて行ってくれました。(ピストルの音が熊に効くのか?試していませんが音が大きければ効果はあるかもしれません? 所持して歩く方は自己責任で) 

単独で歩かれる方は、準備と心構えが大切だな~って再認識させられました! (そのうち、単独登山者についての私見を書いてみます)

ちなみに数日前に電話が、「欅平の水平道に出た所だけど、サルの群れが居て進めません。どうしましょう?」って言われても・・・俺にどうしろと???

「餌を求めて山を移動しているんだから、その辺に食べるものが無くなれば移動してゆくはずだから、刺激せずにそのまま離れた所で移動してゆくのを待って下さい」

って教えたところです。 奴らは、その人間が弱いとみれば平気で脅して来ます。 そのうち、サル話も書いてみます。

台風被害なし!

2018-08-26

写真

阿曽原谷のスノーブリッジも剥がれ落ちて。

お陰様で、台風による小屋の被害は有りませんでした。

水平歩道も影響無しです。折尾谷から20分阿曽原より地点の登山道欠落箇所は、丸太桟道の補修が終わりましたので迂廻路は使わずに通行できます。

仙人温泉源泉下の雪渓は、しばらくは下流側を迂回して飛び石で渡る事になります。架橋すろポイントの残雪が解けたら、丸太橋を作りに行こうかと考えています。

※台風ネタそのⅡ

前回、昭和57年8月の台風話を少し書きました。 私が直接体感した中では、ダントツの凄まじさの台風だったので紹介しようかと。(天候が悪くて、全員キャンセルになったので暇にまかせて書いてます。ある意味台風被害?)

8月1日、伊勢湾に上陸した猛烈な勢力の台風はそのまま北上して、夜には富山に直撃の予報が。午後には雲は低くく厚く垂れ込めて、長次郎雪渓への出動の際に平蔵谷を見上げたら、コルには今まで見たことの無い「青紫」に光る重そうな雲と、不気味に差し込む光が・・・。救助を終えて剣沢に帰った5時頃には、まだ明るい時間の筈なのに暗くなり生暖かい風が吹き荒れ始めて。 キャンパーには、台風の深刻さをメガホンで広報して撤収と避難を呼びかけて回りました。

夕食を終えた8時頃、玄関引戸を叩き助けを求める声がして、テントを撤収せずに頑張っていたけど耐えられずに逃げ出して来たとの事でした。派出所は、コンクリート造りで周りは石垣で囲まれそれほどの風が吹いていたのを知らずにいたのですが、私が外へ出た途端にフワッと身体が浮き上がり2mほど飛ばされて、柔道の前方回転受け身崩れ?で着地してから地べたに這い蹲って暴風に耐えていると、目の前で人間一人では動かせないテーブル・ベンチセットが横転して、間髪を置かずに玄関横の発電機室のトタンが吹き飛ばされて、ディーゼルエンジンの発電機が目の前に転がって来て・・・、風の弱まった隙に玄関に逃げ帰ったのでした。

電気が消えた派出所に、当時の旧剣沢小屋から連絡が。 「怪我人が二人出たので来てくれ」とのこと、地べたに這い蹲って風の弱まるタイミングで前に進みながら旧剣沢小屋に到着。食堂に入ると、宿泊客全員が登山靴・雨具・ヘッドライトを着用して壁を背にグルリと座っていて、その中央の床に男性が二名横たえられていました。二人とも意識は無く頭部からかなり出血しており、ビクン・ビクンと全身を痙攣させて唸っている状態で、一刻を争うのは一目瞭然でした。二人は、テントを撤去して当時の剣沢小屋横に建っていたプレハブの売店に逃げ込んでいて、その売店が風で吹き飛ばされて落下した際に負傷したとのことでした。

止血処理は施したものの、増々吹き荒れる暴風に搬送など出来る訳も無く、ただただ暴れる怪我人を押えて台風が通過してくれるのを待つことに。そうこうしていると「玄関が破られると、小屋が吹き飛ばされる!」との事で、従業員達と両開きの大きな玄関引き戸を角材で突っ張りを入れて、みんなで角材の上に乗ったり押えたりしながら徹夜で頑張りました。 明るくなり掛けた頃から風も弱まり、怪我人を交代で背負い室堂まで運んで救急車に引き継いだのでした。

行きも帰りも目に入って来る光景は信じられないものばかり。水場からの黒ホースは雪渓の上に這わせて、それなりの重さも有り風を受ける面積も少ない筈なのに転がって斜面の高い所にあったり、重い鉄製の水場のマンホールの蓋も無くなっていたり等々・・・。

その日の午後に、先のページで触れた黒部川での大量遭難の情報が入り、大混乱の夏山警備の始まりとなったのでした。

自分の身を守るためには、正確な台風情報を仕入れて、普段とは違う光・雲・風等には特に注意を払って早めの対処が肝要かと!

(猛烈な低気圧の接近前には、普段は警戒心が強くて釣れることのない「大岩魚」が連れる事が有るそうです)

台風通過中!

2018-08-24

写真

三号室の窓の外の立木はなびいて。

24日9時現在、強めの南風が吹いていますが雨も降らずに、このまま通過して行ってくれそうです。

朝暗いうちから、玄関屋根の波トタンを補強したり、風呂桶を片付けたりしていました。このコースの台風ならば、通過後の寄り戻しの風も心配ないかな~と・・・。(小屋の立っている場所は、南風には強い立地ですが寄り戻しの北風には弱いのです)

気温の高い風が吹き抜けると、融雪のペースが上がります。下の廊下・仙人谷ともに、状態が激変しているのではないかと予想されます。

※台風ネタ

古い話しですが、17・8年位前の10月中旬の週末の午後遅くに台風直撃の予報が。 予約だけで80人オーバーの大忙しの日でしたが、当然全員キャンセルと思っていたら、早く着く自信があったのか、黒部ダムから1パーティだけ入って来て。 よりにもよって、その内1名が半月沢上流15分の地点で転落したとの連絡がはいりました。

小屋の男性スタッフに全員出動してもらい、転落現場に到着したのが午後5時頃で薄暗くなっており、台風の中心が近づいて風は増々強く成って山中の樹木を揺らし枝葉を斜面に打ち付け出していました。

発生時に、現場を確認してきたリーダーによれば、転落者は生存しており付き添いに一人付いているとの事。 

頭を過ぎったのが昭和57年8月、台風直撃時に黒部下の廊下の鳴沢出合の岩屋でビバークしていた7名パーティが、増水した黒部川に飲み込まれて行方不明になり、4名は黒部川河口近くで発見され他3名は日本海まで流されたのか未だ行方不明の遭難事故でした。

「大雨が降って、増水すれば遭難者も付添者も流されかねない」、時間との勝負と腹を決めて、暗く強風の中を現場までザイルで下降してゆきました。(私より技術・体力が優れた若い衆はいたけれど、スタッフに危険な作業をさせる訳にはゆきませんでした)

峡谷内では、アッチコッチで「バーン!」「ドーン!」と強風にあおられた斜面から発生する落石の音と突風が、身体を揺らして・・・。 「バサッ!」直ぐ頭上で音がした途端に、ヘルメットをかすめて落石が2つ位落下してゆきました。奥歯を噛み締めて恐怖をこらえながら、丁度ザイル2本分の80メートルで川底に到着。 川底はU字型の形状で岩盤がツルツルに磨かれ、流れに向かって緩い傾斜になっており、意識の無い遭難者が横たわって痛みで動く度に傾斜で流れに近付くのを、付添者の20代半ばの小柄な女性が引き留めているところでした。(後の阿曽原スタッフ、「ナニワのおかん!」です。現場に降りれたけど、登り返す技術・腕力が無い事が判明して、付添にサポート隊員を付ける羽目に・・・)

一緒に平らな所まで遭難者を引きずって、直ぐに引き上げようにも80メートル上まで引き上げるには人員が足らず、立山室堂から救助に向かっている山岳警備隊の到着を、真っ暗で激流の音が不気味な川床で増水に怯えながら待ちました。

待つこと数時間、山岳警備隊が到着して引き上げに掛かり、藪に身体が引っかかり動けなくなり大仏に助けてもらったり・肋骨が折れて肺に刺さっていたらしく背負われて胸が私の背中に当ると、無意識に離そうと私のヘッドライト付のヘルメットを押して視界が無くなったりと・・・増々強くなる風の中を苦労しながら途中まで来たところで、急に風が弱まって???星空まで見え出しました。(助かった!って確信しました)

日電歩道に出てからも、背負われながら無意識に痛みで暴れる遭難者にフラ付き道から落ちそうになりながら仙人谷ダムまで搬送して1件落着と思いきや、深夜1時頃小屋に帰ると台風の寄り戻しの風で屋根が浮き上がり、小屋の中は砂と枯葉でザラザラでした。(まだまだエピソードを書き切れませんせんが、続きは暇な時の小屋に来て頂ければお話しします) 

運の強い人は、80メートル転落しても!台風直撃中でも台風の目に入ったり! 助かる人は助かるんだな~って・・・、でも、そもそも転落しないように歩いて下さいませ。

台風直撃中の救助活動は、助ける方にしてみれば命が幾つ有っても足りませんので!

ラッキーって・・・!

2018-08-22

写真

十字峡から10分上流の水を被る沢から、黒部川を見下ろす!

写真は、先のページのヌルヌル沢から黒部川を見下した写真です。

先にも紹介しましたが、黒緑の苔が付いた石は滑りやすいのですが、整備後は石も除けられて歩き易くなりますし、手すりロープに掴まって通過して頂ければ滑って転落する事はありません。

しかし手摺沿いに歩くには、沢の水を被らねばなりません。それが嫌で、水の掛らない登山道の外側を通ろうとする方がおられるようです。

当然、手すりに手が届かずにバランスを崩して、写真の沢に転落して亡くなられた方もおられます。

通過の際は、滝行のごとく「エイ!ヤーッ!」と水を被りながら歩いて頂ければ・・・。(ホンの一瞬ですから)

※九年位前に、宇奈月山岳救助隊の清掃事業で、写真の沢の中段まで15メール位ザイルで下降して沢のゴミ拾いをしに行った時の事です。

作業の最中に、突然ドーン・ボーン・ドドドッって音と共に沢筋に登山者が転落して来て・・・。

作業中の救助隊員の目の前に落ちたのを、咄嗟に手を伸ばして転落者の服をを掴んで、その場で転落を防いだことが有りました。

狭く足場も悪くヌルヌルの沢の中で、転落者が隊員に直撃していたら・・・、隊員が掴み損ねていたら・・・、想像しただけで背筋が寒くなります。

速攻担ぎ上げて、ヘリを要請して搬送して一件落着!

怪我はしておられましたが、素早いと言うかスムーズと言うか。

「奇跡の生還」というほどの、救助作業ではありませんでしたが世の中にはラッキーな方がいるものです。

ちゃんと、手すりに手を沿わせて「滝行」して歩いて下さいませ!

下の廊下情報!(雪は少ないけど、整備の進捗次第です)

2018-08-22

写真

十字峡から10分上流の、水を被る沢 (黒緑の藻がメチャ滑るし、石を除けてからでないと・・・)

①黒部ダム側からの整備は、新越から先は全く手付数の状態で一般の方がとても歩ける状態ではありません。 

補修用丸太の、空輸を週末に予定していましたが台風の影響で延期が濃厚です。(丸太が無い事には、仕事に成りません)

ただし下の廊下全体の残雪量は少なく、黒部別山谷出合などは全く雪が有りません! 新越・大ヘツリの残雪量も同様に少なく雪質も軟らかい印象で融けるスピードが速かったとの事で、今年は早く雪が無くなりそうとの事です。

②仙人ダム側からの整備は、東谷の吊り橋まで程度なので、まだまだ時間が掛かりそうです。こちらも、一般の方が通行できる状態ではありません!

●半月沢には土砂が堆積して足元が非常に不安定! 

●十字峡から10分上流の、水を被る沢にあっては歩く場所がヌルヌルに苔が付いた岩と岩屑が堆積して非常に危険!

●十字峡から15分上流地点、地滑りで岩盤が30m近くむき出しになった場所の丸太桟道は跡形も有りません!

●白竜峡のブリッジについては、中央にかなり大きめのクラックが入って来て、そう長くは持たないであろうとの予測!

③阿曽原の露天風呂が被害を受けていたように、下の廊下全体の丸太桟道・手すり番線等の被害が多い様な気がするので、例年よりも若干手間が掛りそうです。(歩道に溜まった土砂・岩・倒木等もかなり多いです)

残雪が無くなったばかりの斜面・沢筋は、残雪の上に留まっていた岩や石が不安定な状態のままの事があります。 この先、雨が何度か降ったりしてくれると自然に治まってくれるというか斜面が落ち着いてくれます。そういった意味でも、整備が終わるまでは少し時間を置いてやるのが良いと考えます。

何れにしろ、昨年の様に残雪の心配は無さそうですので、開通時期は整備の進捗に掛かって来ますので、逐一このページでお知らせして参ります。

※信じて下さい!

ここでお知らせしている情報は、その都度確認したものです。それに加え、「下の廊下」と「登山客」を長年「見て」「汗をかいて」「整備」と「救助」をして来た私どもの予測・知見等を加えたものです。

また、提供間隔を出来るだけ短くすることによっても正確さを増して来ているものと考えます。

我々を信じて、「ダメ!」と言っている間は、無理して下の廊下には向かわないで下さい。

以前8月中旬に、黒部ダムから下って来てきた夫婦が白竜峡まで来たところで、進退窮まりヘリコプターで救助されています。

整備が終わるまでは、限られたクライマーと整備業者?のエリアであることをお忘れなく!

特に今年は、無責任な誤った情報の垂れ流し・情報伝達の不備によって、我々自身大変に厭な思いをしています。情報の重要性については、身に染みておりますので責任感と覚悟を持って流していおります!(今日の、赤字の強調文字が多くなった理由を御賢察下されれば幸いです)

アーカイブ

最近の記事